Pocket

膝(ひざ)周辺の肌の色がくすんでいて茶色い女性って、

実は多いんです。

 

 

肘・膝って普通に生活していても

気づいたらガサガサや、黒ずんでいたっていうのがほとんどです。

 

自分では膝や膝は直視しにくい位置にあるので、

まじまじと見ることはあまりないですが、ふとした時に確認してみると

ガサガザで黒ずんでいる(´・ω・`)。

 

肘・膝はついついケアを怠ってしまいがちですが、

人目に付きやすいのでしっかりケアしておきたいですよね。

 

この記事では、

膝や膝がガサガサしたり、黒ずんでしまう原因と、

黒ずんでしまった時のケア方法について解説します。

 

肘・膝の関節部分の肌は想像以上にデリケート

肘や膝の関節部分は、歩いたり、しゃがんだり、

物をつかむために動かしたり

日常生活の中でも激しく動きます。

 

そのためメラノサイトが刺激を受やすく、

メラニン色素をたくさん製造するので

色素が沈着して黒ずみになりやすいんです。

 

 

 

肘や膝は体の中でも比較的皮脂腺が少ないパーツなので、

乾燥しやすく、潤いが少ないため、

刺激に対してかなり弱い部分なのです。

 

 

そのわりには酷使されやすく、

肌が刺激され、ガサガサしたり色素沈着を起してしまいます。

 

 

お風呂の鏡の前でふと自分のガサガサや黒ずみが

気になったことがある人って多いですよね? ね!?

 

 

鏡の前で自分の肘や膝のガサガサや黒ずみに、

生活感、老化、汚さを感じるんですよね。(;´д`)トホホ

 

肘や膝のガサガサや黒ずみの原因は!?

黒ずみやガサガサの主な原因は、「摩擦」「乾燥」「日焼け」の3つです。

 

 

 摩擦

 

肘や膝は動きが激しい部位なので摩擦が多いところです。

 

例えば、正座や立て膝、肘をついて体を支えたり。

普段のそういった刺激に負けないようにと、

角質がどんどん厚く硬くなっていきます。

 

 

刺激から肌を守るために、

角質層がどんどん厚くなるので

ガサガサしてしまうのです。

 

 

また、摩擦によって継続的に強い刺激が続くと、

肌の内側にメラニン色素がたくさん生み出されます。

 

皮膚が摩擦などの物理的な刺激を受け、

防御反応として作られたメラニンが

黒ずみやシミの原因です。

 

乾燥

乾燥により、皮膚の角質がだんだん硬くなって、

黒ずんだ皮膚の表面が白っぽくなっていきます。

 

肘や膝は、皮脂腺が少ないため、もともと乾燥しやすいんです。

 

 

 

保湿ケアは毎日、クリームなどで保湿をしてあげるようにしましょう。

 

日焼け

 

日焼けをすると、老化の原因いわれている活性酸素が体内で増えていきます。

 

活性酸素には、体内に入り込んだ、

ばい菌や細菌から細胞から身を守る働きが

あるのですが、増えすぎると体細胞にダメージを与えてしまいます。

 

そんなダメージを緩和してくれるのがメラニンなんです。

 

メラニン色素と言えばシミの原因となる色素ですから、

こちらも悪者のイメージが強いかもしれません。

 

メラニン色素が肌細胞をダメージから守った結果が色素沈着なので、

黒ずみは身体を守ろうとしてくれた証なんですよね。

 

 

上記3つの原因を説明しましたが、

摩擦や日焼けを完全になくすという対策は無理です。

 

 

そのため、肘や膝の黒ずみや乾燥の対策には

正常なターンオーバー働きを保つ事が一番大事になってきます。

 

肘や膝の黒ずみやガサガサのケア方法

肘や膝の黒ずみやガサガサのケア方法は

徹底した保湿なんですよね。

 

すでに肌が黒ずんでいたり、色素沈着している場合でも、
早めのケアで正常にターンオーバーが行われるようになれば
軽減・改善することができます。

 

保湿ケアを行うことで、

 

肌が柔らかくなり、ガサガサが改善され

 

肌のバリア機能や保持能力を高めることができるのです。

 

 

そして、保湿ケアに特におすすめな化粧品は「アットベリー」なんです。

 

 

ピカイチなレベルでの保湿性能を持っていて口コミも圧倒的なんですよ。

黒ずみの保湿ケア商品といえば、アットベリーをおすすめします。

 

 

特に含有成分のセラミド、プラセンタいいですね。

 

アットベリーについて

成分面から、解説しているサイトを見つけたので是非見てみてください。

 

有効成分をしっかり学んで、

おすすめする理由が納得していみてください。

アットベリーをおすすめする理由