Pocket

ハタヒロミさんの脇の下や腕の黒ずみの悩みと解決した方法

肌の露出が多い季節になると気になるのが脇の下です。

 

ムダ毛処理など女性にとって脇の下のケアは、

エチケットでもあり悩み種でもあります。

 

 

でもどんなに毎日ムダ毛処理しても、

脇の下が黒っぽく見えると感じたことありませんか?

 

もしかしたらその黒ずみ、

肌そのものが黒ずんでしまっているのかもしれません。

 

 

脇の下が黒ずんでいるとノースリーブやタンクトップなど着ることにも抵抗を感じて、

おしゃれするのもためらってしまいますよね。

 

さらには不潔に見えたりと女性としての魅力も半減してしまいます。

 

 

私自身も、ムダ毛処理しているのにどうしてこんなに黒ずんで見えるんだろう?と、

鏡を見てはため息をついていました。

 

 

そしてその黒ずみの原因が、肌そのものもが黒ずんでいるのだと気がついた頃には、

かなり広範囲にまで広がっていたのです。

 

職場の制服と脇

風景

私の職場は制服着用なのですが、

今から数年ほど前にブラウス・スカートからワンピースへと変更になりました。

 

 

これまで毎日のように気軽に洗濯できていたブラウスでしたが、

ワンピースになるとそうはいきません。

 

実は私はちょっとわきが体質なので、

ニオイに対してかなり気を使っているのです。

 

しかも販売職でお客様と接する機会が多いので尚更です。

 

でもこれまでのように洗濯できないとなると、

脇汗・ニオイ対策として何か考えなくてはなりません。

 

そこで「脇汗パット」なるものを使い始めました。

 

これならパットを毎日変えるだけで、

ブラウスのように洗濯できなくても何とかニオイ対策できそうだと思ったのです。

 

ニオイ対策としては、この脇汗パットはとても有効でした。

 

使い捨てですから清潔ですし、

ニオイもわきが臭も気になりませんでした。

 

しかしその頃から、どうも脇の下の黒ずみが濃くなってきているように感じ始めたのです。

 

黒ずみの原因究明

黒ずみが気になり出した当初は、

わき毛のある部分が黒ずんで見えたので、

ムダ毛処理のやり方がよくないのかな、と思っていました。

 

毛穴が黒ずんでいると思い込んでいたのです。
やがて脇下から繋がる腕の方にまで黒ずみが見られるようになりました。

 

しかもよく見ると胸の横の方も薄く黒ずんでいます。

 

日に焼けるような場所でもないし、

どうしたことかと色々と調べていくうちに、

どうやらメラニンの色素沈着が原因ではないかと思い始めたのです。

 

 

肌は紫外線だけではなく、

擦れなどによる刺激でもメラニンを分泌するそうです。

 

 

ですから日差しを浴びていない部分でも、

色素沈着で肌が黒くなることをその時に初めて知ったのです。

 

 

そうなるとこの脇下から腕にかけての黒ずみの原因を考えた時、

可能性として思い浮かぶのは汗パットでした。

 

この汗パット、汗を吸収してくれる部分に関しては優れものなのですが、

ちょっとかさばるので確かに脇下がかなり擦れている感じはします。

 

たまに痒くなったり、

擦れたのか少し赤くなっていたこともありました。

 

しかし汗パットをやめてしまったらわきが臭が心配ですし、

かと言ってこのまま黒ずみが悪化するのも困ります。

 

 

黒ずみとわきが臭の両方に効果がある商品があれば一石二鳥なのですが、

ネットで調べてみてもさすがに両方に有効な商品は無いようです。

 

 

そこでニオイ対策にはわきが専用のわきがクリーム、

脇の下の黒ずみにはこれまた黒ずみ専用のクリームを使ってみることにしました。

 

 

自分にとってはどちらもちょっとお高めではありますが、

とにかく今の状況を打破すべく藁にもすがる思いでした。

 

わきがクリームはニオイ対策として日中に使用し、

黒ずみクリームはお風呂上りの就寝前に塗るようにしました。

 

脇の黒ずみと臭い対策。クリームの効果は!?

正直半信半疑で使い始めのですが、

わきがクリームは思った以上にニオイ対策ができ、

また黒ずみクリームも肌に好影響を与えているようでした。

 

両方とも無添加で保湿力に優れたクリームなので、

とにかく肌の調子が良くなりました。

 

 

私の場合これまでは、

脇の下ケアというとムダ毛処理かニオイ対策しかなく、

脇の下の肌状態なんて気にしたこともありませんでした。

 

 

でも体の中でも動くたびに擦れが生じるパーツである脇の下は、

度重なるムダ毛処理や刺激の強い制汗剤の使用などで、

想像以上に肌への負担が大きいものだと感じました。

 

 

2ヶ月ほど経つと、腕の方にまで広がっていた黒ずみが薄くなってきました。

 

 

半年後にはほとんど見えないくらいになり、

約1年後には脇の下全体の黒ずみも以前に比べて薄くなってきました。

 

 

専用のクリームの効果もさることながら、

 

脇の下の顔と同じように、

ちゃんとお手入れしてあげなけば、

肌が荒れてしうるのだということを身をもって知りました。

 

ちなみに私が使った

わきがクリームはドクターアロマランス

黒ずみクリームはアットベリー

です。

お肌ラボのアドバイス

ハタさんの体験談じっくり読まさせて頂きました。

 

肌トラブルの原因究明から対策までの行動が完璧で文句なしです。

 

私も過去にあった肌トラブルが、

こんなにスムーズに真因までたどり着いていればと思い返されます。

 

深く「根本原因」の存在と対策を知らぬまま、

行動する事はさらなるトラブルを引き起こす可能性があります。

 

・どうして黒ずみができたのか?
・状態を確認する。変化点はなにか?
・思いついたことを一つ一つ確認してみる。

トラブルがあった際は見直してみましょう。

ハタさんがおすすめしている黒ずみクリームのアットベリーはこのサイトでもイチ押しの商品です。

多くの方が使って満足しているので、黒ずみに悩んでいるなら使ってみるといいですね。

 

アットベリー利用者の体験談