Pocket

nekomura さんの 黒ずみ対策として行っているピーリングと生活で心がけるべきこと

カミソリ

黒ずみは肌にとって天敵です。

黒ずみができてしまうと見た目よりも老けて見れてしまうので何とか改善したいものです。

 

 

肌の黒ずみの改善方法として挙げられるのが「ピーリング」です。
ピーリングとは、肌の表面に残っている古い角質を剥がすことによって、

その下から出てくる新しい肌を促す方法です。

 

 

 

ピーリングは美容系のクリニックでも行うことができますが、

費用がかかります。

費用をかけずにピーリングを行うには、

ピーリング用のアイテムを購入することができるので、

自宅でピーリングを手軽に行うことが可能なのです。

 

ただし、ピーリングを毎日行ってしまうと肌に刺激を与えてしまうので、

週に1度のスペシャルケアとして取り入れるのが良いです。

 

 

ピーリングを行った後の肌はワントーン明るく見せてくれるので、

使い続けることで肌を明るくしてくれるので、黒ずみを目立たなくしてくれる効果が期待できます。

 

紫外線対策

ピーリングと合わせて行いたいのが「紫外線対策」です。

 

 

日本人はメラニン色素がとても多いので、

皮膚が黒ずみやすいという要素を持ち合わせています。

 

これを予防するためには、日頃からの紫外線対策が大切になるのです。

黒ずみを引き起こしてしまう原因には色々ありますが、

その中でも紫外線による色素沈着によって黒ずみを引き起こすことが多いと言われています。

 

 

普段から肌に紫外線の刺激を与えないようUVカット対策が大事です。

 

 

紫外線を受けてダメージを受けてしまったときは、

早めにビタミンCや美白に効果のある化粧品を使って丁寧にケアをしたり、

普段から美白効果のある化粧品を取り入れたり、紫外線対策として日焼け止めや日傘、

サングラスなどを活用して、肌に紫外線を当てさせないように心がけることが黒ずみ対策にもつながります。

 

 

 

紫外線のダメージは年齢を重ねるにつれて、

黒ずみなど肌に如実に出てきますので、早い段階からの紫外線対策を行うことが重要です。

 

紫外線対策を適切に行っていくことで年齢を重ねたときの肌ダメージも軽減してくれます。

 

 

生活習慣の中で黒ずみ改善できるポイント

それは、顔や体などゴシゴシを洗わないことです。

ゴシゴシと擦ることは、

肌へ刺激を与えてしまい黒ずみを引き起こす原因にもなります。

 

ピーリング時もそうですが、

肌に刺激を与えないように擦らず優しく肌をマッサージするように、

撫でるように行って肌ダメージを減らすことが、

ピーリング効果と合わせて黒ずみをより発生しにくくしてくれます。

 

 

 

普段からできる黒ずみ対策として、

紫外線対策、ビタミンCなど美白効果のある化粧品でのケア、適度なピーリング
体や顔を洗うときに擦らないことが挙げられますが、

栄養バランスの整った食事や十分な睡眠も黒ずみ対策として取り入れたいことです。

 

 

特に紫外線対策は入念に行いました。

肌へのダメージが出やすいので、こまめに日焼け止めを活用し
日傘やサングラスなどで、紫外線から肌を守ることで、日焼けしにくくなりました。

 

そうしたことで、肌の色を保つことができたので、

結果的に黒ずみ改善に効果をもたらしてくれました。

 

 

普段からできることを継続的に続けることで、

黒ずみができにくい肌へと改善してくれる効果が期待できます。

 

お肌ラボのアドバイス

ピーリングは古い角質を取り除き、新しいきれいな肌を再生させる美容法です。

ピーリングをするとくすみが取れて色が白くなったり、きれいに見えるようになったりします。

 

でも、ピーリングは誰でも向いているというわけではありません。
以下のような肌質の方は特にピーリングに注意が必要です。

 

  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • 皮膚が薄い

ピーリングは自然な新陳代謝ではなく、無理やり表面の角質層をはがします。

新しい細胞は、まだ育ってないから虚弱なんです。

 

そのため、外からの刺激に弱く、敏感肌になったり、

シミができやすくなったりします。

ピーリングは、例えるなら皮膚を1枚むいたような状態です。

今までより無防備になっているので、肌を守るための保湿ケアはいつもより念入りにしましょう!

 

肌の本来の状態を取り戻せば、

自然にターンオーバーしてくれます。

 

ピーリングに頼るだけでなく、

しっかりした保湿ケアをする事が重要です。