Pocket

takekoさんがいちご鼻のお悩みを解決した方法

 

思春期の頃からずっと脂性肌に悩んできました。

お肌がテカることが多く、コンプレックスに感じていました。

 

あぶら取り紙や、皮脂を抑える洗顔料を使用して改善を試みましたが、

一時的な効果のものばかりで、根本的な解決にはなりませんでした。

 

午後イチには友達にからかわれるくらいテカテカになってしまい、

どうにかできないものかとずっと悩みの種でした。

 

成人すると、オイリー肌に加えて毛穴の黒ずみも目立つようになってきました。

俗にいういちご鼻というものです。

ドラッグストアなどに売っているケア用品をいくつか買って試してみましたが、

劇的な変化は得られませんでした。本格的にこのままではまずいと思い、スキンケア方法を見直すことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

顔がべたつくのが嫌で、洗顔や化粧水はさっぱりとした使い心地のものを選んでいました。

べたつくので乳液は使用していませんでした。

 

これ以上肌に油分は必要ないと判断し、

水分を補給することに重きを置いていませんでした。

 

角栓を除去するために鼻パックも定期的に使用しましたが、

これも黒ずみには効果がありませんでした。

 

どうしたら改善するの

まずどこからケア方法を変えるべきか調べた結果、

私の想像とは真逆の答えが出てきました。今までずっと勘違いをしてきましたが、

 

脂性肌には水分を与えてあげて皮脂の過剰分泌を抑えることが重要であるそうなのです。

 

 

 

あぶら取り紙で必要な油分をとってろくに水分補給をしないと、

肌が乾燥していると思い、さらに無駄な油が出てきます。

 

私のお肌はずっと悪循環していたのだとこの時やっと気づくことが出来ました。

 

 

 

まずはお風呂でのケアを見直していきました。

 

洗顔は高保湿のしっとりタイプを選び、化粧水で潤いを与えた後、

うすく乳液をのばし、水分をお肌にとどめるようにしました。

 

 

洗い方も重要で、黒ずみを落とそうとゴシゴシ強くこするのではなく、

優しく撫でるように洗うのがポイントです。

 

 

あまり強い力で洗うと、

お肌が厚く、硬くなってしまいます。

 

 

テカりが目立った時も、なるべく油分はとりすぎず、

気になるときは軽くティッシュでオフする程度にしました。

 

1月ほどこのケア方法で過ごしてみると、

明らかに皮脂肌が改善されているのが実感できました。

 

 

目に見えて効果が分かり、本当にうれしかったです。

 

お肌には自然とキレイな状態に戻す力が備わっているので、

あまり過剰に手を加えすぎず、基礎的なケアで自己治癒力をアップさせることが大事です。

 

自分のお肌がどんな状態なのかしっかり把握して、キレイなお肌を作っていきましょう。

 

お肌ラボのアドバイス

脂性乾燥肌(オイリードライ肌)は脂分が過剰な状態なので、

保湿は必要がないと思われがちですが、

肌内部に水分が足りていない事が多いです。

 

 

そのため皮脂が分泌されるのです。

 

まずは、スキンケアの際にしっかり保湿する事で

肌に潤いを与える必要があります。

潤いのある状態の肌になれば、過剰な皮脂分泌はなくなっていきます。

脂性肌では、スキンケアとして特に気をつける点は

「皮脂をとりすぎない」

「洗顔は優しく」

「保湿はしっかり」の3点です。

 

脂性肌は、ケアを誤ると様々な肌トラブルを招く他、
乾燥肌や敏感肌とも隣り合わせだということを頭の片隅に置いて、優しくケアしてあげて下さい。